同性パートナーシップについての記事を書きました。

f0121982_1653965.jpg


 "人間と性"教育研究協議会(http://www.seikyokyo.org/index.html)
の"SEXUALITY"第46号「多様化する家族」にて、
DP(:domestic partner)関係の記事を書きました。

・法制度や社会の設計においてどのような障害や障壁があるのか
・より幅広い人と連携をして取り組んでいくことの必要性 
・同性パートナーシップにおいて子どもをどうするのかといった議論がもっと必要であるということ
など最近感じていたことを盛り込んだ内容となりました。

 この分野の第一線で研究をされているかたがたには及ばぬものの、
実践活動家として感じて来たことについて、文章化すると共に、
今後の、自分の活動にどう生かしていくかの手がかりとなるような、
現段階での棚卸しができたような気がしています。

 私が書いた記事の他に家族の多様化や性教育を考える上で、
とてもすばらしい記事が数多く掲載されておりますので、
どこかで見かけたときにはぜひお手にとって見てください。
[PR]
by wishizaka | 2010-04-20 12:11 | メディア掲載情報 | Trackback
トラックバックURL : http://ishizaka.exblog.jp/tb/14229959
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 2010 IDAHOトークイベント 地元の障碍者防災訓練に参加をし... >>