2月5日 ワークショップでゲスト講師を務めます

男女共同参画センター横浜北 2011 年度
「市民・NPO がつくる男女共同参画事業」
市民企画講座・ワークショップ
(全2回)の
1回目(2月5日)ゲスト講師を
石坂わたるが務めることになりました。

明日2月5日が開催日であり、事前の申込先着30名まで
参加可能なワークショップですが、企画者さんによると
参加枠に若干空きがあるようです。

ご関心のある方は企画者さん(下記ご参照)へ
お申し込みの上、ぜひご参加ください。


---------------------------------------------------------------

ひとりで暮らす?ふたりで暮らす?みんなと生きる!【全2回】

~セクシュアル・マイノリティの視点から考える、緊急時の「多様な生きのび方」
【市民・NPOがつくる男女共同参画事業】


災害や緊急事態が発生すると、それまでなんとか回避できていた差別問題が
表面化したり、日頃しのいできた問題の解決が困難になることがあります。
この講座では、緊急時にセクシュアル・マイノリティが直面する社会的課題を
手がかりに、参加者がそれぞれの課題を再点検し、暮らしやすい「地域社会」
を作る方法を考えます。

前半はゲスト講師の話/後半は、ゲスト講師の話を踏まえ、
共生ネットのメンバーの進行で、ワークショップを行います。

2012年2月5日(日)13:00~16:00
「戸籍上同性」カップルの暮らしを支える社会支援
~地域や職場、友人・親族との繋がりを考える


【企画実施】
“共生社会をつくる” セクシュアル・マイノリティ支援全国ネットワーク


【ゲスト講師】
石坂わたる(中野区議会議員、元養護学校教諭、精神保健福祉士)


【内容】
日頃からみんなが暮らしやすい多様性のあるコミュニティを作ること、
災害時に備えた地域づくりをすること、そして、戸籍上同性の
二人暮らしがしやすい社会を作ることなどについて。


【スケジュール】
(両日とも講演のあとワークショップを実施します)
13:00 ~14:30 ゲスト講師の話を中心に
14:30 ~14:45 ★休憩★
14:45 ~16:00 前半を踏まえて小グループに分かれたワークショップ
          (進行役は共生ネットのメンバー)

【対象・定員】
性的マイノリティ当事者および家族、社会福祉関係の援助職など30人


【参加費】各回1,000円


【保育】1歳6ヵ月~未就学の子どもが対象です。有料、4日前までに要予約、先
着順。
(保育の申込先:アートフォーラムあざみ野子どもの部屋: 045-910-5724
(9:00~17:00)

【申込方法】
 FAXの場合 共生ネットあざみ野連続講座係:03-5840-7640
 Eメールの場合 kyosei2008net@yahoo.co.jp
*その他、申込時のFAX・Eメールには、氏名・電話番号・
 保育の有無・何を見ての応募かを明記ください。

【会場】
 アートフォーラムあざみ野 セミナールーム3
 (住所:神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1-17-3)

【会場への交通手段】
 横浜市営地下鉄・東急田園都市線 あざみ野駅下車 徒歩5分


---------------------------------------------------------------
[PR]
by wishizaka | 2012-02-04 07:39 | 議会外の活動 | Trackback
トラックバックURL : http://ishizaka.exblog.jp/tb/17154731
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 平成24年 中野区議会第1回... 3月10日 学習会「東日本大震... >>