私も執筆をした『精神保健福祉援助演習(専門)[第2版]』が出版されました。

 私も執筆をした、弘文堂の『精神保健福祉援助演習(専門)[第2版]』(精神保健福祉士シリーズ10)が先日、出版されました。

http://www.koubundou.co.jp/book/b217184.html 
 初版に加えて最新状況を踏まえた加筆や修正を行った内容となっています。

 児童虐待の結果、子どもの行動に見られる「第四の発達障碍」と呼ばれることもある、一見するとADHDにも似たような症状。そして、虐待の疑いや子どもに対する不適切な対応をされていると思われる親御さんへの対応などについて、

・その個別ケースの対応について、元特別支援教育の教員の立場で
・こうしたお子さんを抱える親御さんへの対応について精神保健福祉士の視点で
・また児童虐待に関する社会的な働きかけであるソーシャルアクションについては区議会議員の経験も踏まえて

 という観点で書いています。

精神保健福祉士関係の書籍を取り扱っている書店であればそろそろ市中の書店にも並んでいるのではないかと思います。

 ぜひ機会がありましたら、お手に取ってご覧いただけますと幸いです。

f0121982_075863.jpg

f0121982_08890.jpg

f0121982_081671.jpg

[PR]
by wishizaka | 2016-03-27 00:21 | メディア掲載情報 | Trackback
トラックバックURL : http://ishizaka.exblog.jp/tb/25080995
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 平成28年度予算が可決をしまし... 中野区職員の超過勤務削減を進め... >>