<   2007年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

HIVの予防啓発活動

 レインボーリングのボランティアとしてaktaのマンスリーを配布しました。
地域情報・学習会情報・イベント情報・HIVに関する知識が盛りだくさんのマンスリーなので、
一人でも多くの人の手にとってもらえればと思います。
[PR]
by wishizaka | 2007-05-26 23:58 | その他

中野区議会の傍聴をしてきました。

この日は、議長・副議長の決定、各委員会の委員長・副委員長の決定、学校の統廃合についてなどが話し合われました。

ちなみに、議長・副議長は
議長は   市川 みのるさん 〔自民〕 (区議会議員《42人》の互選で31票獲得) 
副議長は やながわ妙子さん 〔公明〕 (区議会議員《42人》の互選で32票獲得) 
となりました。

ただ、この議長・副議長の決定は、議員による無記名投票によって行われました。
つまり、どの議員が誰に投票をしたのかが、傍聴席で見ていても分からないというものでした。

自分たちが選んだ議員が、誰を議長に選ぼうとしているのかを知ることができないというのは
どうなのかなぁと不思議に感じました。

定例議会は6月20日スタートとのことです。
[PR]
by wishizaka | 2007-05-24 19:44 | その他 | Trackback

中野区議会の傍聴をしてきました。

この日は、議長・副議長の決定、各委員会の委員長・副委員長の決定、学校の統廃合についてなどが話し合われました。

ちなみに、議長・副議長は
議長は   市川 みのるさん 〔自民〕 (区議会議員《42人》の互選で31票獲得) 
副議長は やながわ妙子さん 〔公明〕 (区議会議員《42人》の互選で32票獲得) 
となりました。

ただ、この議長・副議長の決定は、議員による無記名投票によって行われました。
つまり、どの議員が誰に投票をしたのかが、傍聴席で見ていても分からないというものでした。

自分たちが選んだ議員が、誰を議長に選ぼうとしているのかを知ることができないというのは
どうなのかなぁと不思議に感じました。

定例議会は6月20日スタートとのことです。
[PR]
by wishizaka | 2007-05-24 19:44 | その他 | Trackback

Living Together のど自慢に 朗読&メッセージ&歌で参加しました。

 朗読。前の職場を3月でやめてからほぼ二ヶ月ぶりの読み聞かせです。

 相手が子どもではなく大人であること、朗読する内容が絵本ではなく、HIV陽性者の方が書いた手記であること、また、いつもと違う場所なので、少し緊張はしましたが、久しぶりの感覚に、懐かしさを感じながら、朗読をさせていただきました。

 HIVの薬を服用しながら長生きができるようになってきた現在。
 しかし、一方、僕の周囲で、HIV以外の病気や事故、自殺などで亡くなる友人が毎年必ず一人はいる最近。

 この朗読をした文章をはじめて読んだとき、僕が感じたことは、
「HIVを持っている人ももっていない人も、誰もがみんな死は隣り合わせで、それでも一歩一歩、歩みながら生きているんだね。」 ということでした。
 そんなことを再び考えながら、朗読をし、僕なりのメッセージを語らせていただきました。

 そして、どう死ぬかではなく、元気に生きていけるといいなという気持ちをこめて、最後に歌を一曲歌わせていただきました。

 参加いただいた皆様、いつも僕を支えてくれている皆さんどうもありがとうございます。

    ~ 「頑張って一緒に生きていこう」ではなく、「もうすでに僕らは一緒に生きている。」~
[PR]
by wishizaka | 2007-05-20 22:26 | その他 | Trackback

元勤務先の学校祭に行ってきました。

 久しぶりに会う、生徒たちや保護者、元同僚、久しぶりに懐かしい顔を見ることができました。

「あ、先生来てくれたんだ!」
「先生、元気にしてる?」と笑顔で迎えてくれる子どもたちの笑顔を見ると
元気に頑張ろう!という気持ちになりました。

そして、
 「直接何かできるわけではありませんが応援してますので、次も頑張ってください。」
 「テレビに映った姿が生き生きとしてましたね。」
とおっしゃってくれるお母さん

 「自分も学生時代に留学をしたとき、在外日本人がマイノリティであることをすごく感じた。
  共感する部分がたくさんあるんですよ。」
 「同性愛者について、詳しく知っているわけではないけれど、次の時にはできることがあれば協力したい。」
 「ぎりぎりまで仕事をしていて、初めての選挙で、よくあそこまで頑張ったね。」といってくれた元同僚たち。

 こうした声に励まされながら、次に向かって頑張っていきたいなと思います。
[PR]
by wishizaka | 2007-05-19 20:13 | その他 | Trackback

本日はIDAHOでした。

 IDAHO(国際反「同性愛者嫌悪」の日)の新宿駅・中野駅・大阪三角公園での活動について、呼びかけ人の一人として、新宿・中野において、参加をしてきました。

 200名を超える方々がメッセージを寄せてくださり、60名以上の方が、当日に参加をしてくださいました。

 「私もバイセクシュアルなんですが、遠くから応援させてください。」と言って見守ってくれていた方。
 飛び入りで参加をしてくれた方、
 「マイノリティでも、マジョリティでも、自信をもって生きていきたい」と、制服姿でメッセージを書いてくれた、高校生。
 はじめは遠くから見ていたけれど、途中で一緒に加わってきてくれた方、


 さまざまな人の力で、イベントを終えることができました。

 また、異性愛者と思われる方もかなりの方がチラシを受け取ってくださり、
関心を持って見てくれた方がいました。
性の多様性について考えるきっかけになればうれしいなと思います。

どうもありがとうございました。



f0121982_1011797.jpg
 
[PR]
by wishizaka | 2007-05-17 23:48 | その他 | Trackback

区長と区民の対話集会@東部地域センター

 区長と区民の対話集会に参加をしました。

 この対話集会は月に2回、区内の地域センター(毎回、開催される地域センターは変わります)において区民と区長が区政について語り合う会です。

 議事録については後日、区のHP上でも公開されるかと思われますが、
区長の主な回答発言の概要をピックアップしてみます。

(区民の方からの質問は勝手に転載するわけにもいかないため、詳細は
 こちらには掲載いたしません。区のHP上に掲載が確認されたら、
 当該URLへのリンクをこちらからも貼りたいと思っております)


・「(生ゴミのリサイクルについて)以前の学校給食の残飯を地方の農家に持って行って堆肥化していた。現在は行っていないが、今後は里街連携などの中で、消費者と生産者が互いの顔が見える関係を作っていく上で堆肥の有効活用を考えていきたい。」

・「(環境問題について)中野区のCO2の削減数値目標が必要になる。」

・「(外国人向けに区内の標識を数カ国語表示にすることだけでなく、)『外国人はマナーが悪い』という人がいるが、ルールや仕組みが分からない外国人も多い。相手が分かる言葉で教えることが必要。

・「(宮園高齢者会館について)今は、場所が空いたら施設を売却しなければならないというほど財政は厳しくない。今後どう活用できるのか考えていきたい。」

・「(中野区中高層建築物の建築に係る紛争の予防と調整に関する条例について)これは許可制ではなく、確認審査制度なので、区は法律に適合しているかどうかの確認しかできない。玖珂町性Yaa戦の強制力を持つことは法的に難しい。また、ワンルームマンション建設などは、土地所有者の私有財産権の問題だと考える。」

・「(学校の校庭の舗装について)校庭を芝生化したいと考えている。しかし、現場の状況的に難しく、ダスト舗装(岩を砕いた砂を使用)から変わらずにいる。

・「(学校の統廃合と1学年・1学級の生徒数について)。統廃合をせずに、1学年10名で卒業までクラス替えがないというのもよろしくないと思われる。学校は人数が少なければいいと言うわけではない。1クラスの人数は一定数以上を確保したい。ただし、教科の授業は少人数でということにしたい。

 とのことでした。

また、このほかにも区民の皆さんから
・「防災用に、町内会の消火用のポンプの使用時にお風呂屋さんの水槽の水を使わせてもらえる契約を結んでいたが、そのお風呂やさんが廃業してしまった。心配。」
というような意見が上がりました。
[PR]
by wishizaka | 2007-05-15 23:46 | その他 | Trackback

5月17日はIDAHO!

アイダホって何?という方、
今年は何をするの?という方、
もう知ってるよという方も、

http://yappaidaho.blog.shinobi.jp/

をご覧下さい。

レインボーカレッジの遠藤まめたさんや、
他にRonさん、原口あゆみさん、仲川こうさん
と共に、企画に参加させていただいています。 
[PR]
by wishizaka | 2007-05-09 19:02 | その他 | Trackback

動けば変わる

 「動けば変わる」と書かれた川田さんの政治チラシと、
石坂チラシを持って、川田さんと二人で東中野の西口で、
統一地方選挙後の初の駅頭立ちをしました。

 季節はもう夏に近付きつつあり、ジリジリとした日差しも感じながらの街頭立ちとなりました。
 私は、「今回は当選できなかったけれども、次までの間、
一人の区民として、何ができるか」ということを
不動産やさんなどへの社会における弱者・少数者向けの啓発活動などについて
話させていただきました。

 声をかけてくださる方、応援してくださる方がいらっしゃいました。
こうした、励ましの声に支えられて、今後もがんばっていきます。

 
[PR]
by wishizaka | 2007-05-09 09:03 | その他 | Trackback