人気ブログランキング | 話題のタグを見る

石坂わたるの性的マイノリティ(LGBT)に関する4年間の取り組み、活動、参加の記録

1. 2014年LGBT版たつのこ通信を紙媒体で発行
石坂わたるの性的マイノリティ(LGBT)に関する4年間の取り組み、活動、参加の記録_f0121982_2143969.jpg

<拡大1・4ページ>
石坂わたるの性的マイノリティ(LGBT)に関する4年間の取り組み、活動、参加の記録_f0121982_21433041.jpg

<拡大2-3ページ>

2011年~2014年前半までの石坂わたるの議会での質問や、中野区に住むLGBTが利用できる制度について掲載しました。(LGBTに特化したしくみというよりは、すべての区民や様々なマイノリティを対象としているしくみの中に、「当然のこととしてLGBTも含むもの」と主張をしていく方法をとって進めてきました。)


2.2015年LGBT版たつのこ通信
石坂わたるの性的マイノリティ(LGBT)に関する4年間の取り組み、活動、参加の記録_f0121982_21441418.jpg

<拡大 表>
1.のLGBT版たつのこ通信後の取り組みを補うものとして作成しました。中野区がLGBTの当事者とどう向き合っていくのか決意表明ともいえる区長による議会答弁や、LGBTが抱える喫緊の課題の中で、区が取り組めることかつとりくむべきこととして緊急性の高いHIV関係の予算措置についての区職員の答弁などが掲載されています。(LGBTの中でもとりわけ「G」が主に関わる課題ではありますが、LGBTの人口比率の高いと言われる中野区において、急速なHIVの感染者増は待ったなしの状態です。中野区ではLGBTに関する様々な政策課題の中で、大きな予算をかけずに行えることは随時取り組みつつも、まず大幅に予算を増やす形で取り組むべきは何よりもHIV関係に尽きるだろうと思われます。)

<拡大 裏>

3.防災緊急連絡カード (連絡先には戸籍上の家族などの他、同性のパートナーも指定できます)
石坂わたるの性的マイノリティ(LGBT)に関する4年間の取り組み、活動、参加の記録_f0121982_220431.jpg


4.東京レインボーウィーク
(1)Love is colorful (中野駅ガード下での写真展。中野区社会福祉協議会後援)
石坂わたるの性的マイノリティ(LGBT)に関する4年間の取り組み、活動、参加の記録_f0121982_226342.jpg

毎日多くの人が通る場所での同性カップル等の写真展。私も気にいった写真の前で記念撮影をしました。
多くの区民が目にし、概ね好評だったようです。(区の職員からも素晴らしい企画が行われているという声を数多く耳にしました)

(2)トーク オブ レインボウィーク (中野駅北口広場でのトークイベント。中野区・東京都人権啓発センター後援)
石坂わたるの性的マイノリティ(LGBT)に関する4年間の取り組み、活動、参加の記録_f0121982_2211249.jpg

トークには中野区長もゲスト出演。そのほか、情報告知・来賓紹介のコーナーでは、私ともう一人、2名の区議会議員がマイクを持たせてもらいました。
なお、このイベントについて事前告知は中野ボランティアセンターの情報誌「そよかぜ」や中野経済新聞のFaceBookなどにも掲載されました。
また、事後については、当日の様子が地元のケーブルテレビのニュース番組「デイリー中野」にて紹介されました。

5.中野まちめぐり博覧会(中野区他主催 観光庁と東京都後援)
(1)LGBTってなに?
石坂わたるの性的マイノリティ(LGBT)に関する4年間の取り組み、活動、参加の記録_f0121982_2233692.jpg

中野町めぐり博覧会の一企画として、区内団体LOUDが企画・運営した「LGBTって何?」
異性愛者向けにLGBTについて知ってもらう企画として実施。区の職員の参加もありました。
なお、この写真記事が掲載されている中野町めぐり博覧会の公式ガイドブックは、
公共施設や駅頭に置かれていたほか、区内の全小中学校にて配布がされました。


6.和光大学教授の竹信三恵子氏の「女性の視点に立った防災講座」(中野区男女共同参画センターの企画)
 区民と区職員に向けての講座。話の大半は女性と防災についての話でしたが、その中で性的マイノリティが災害時に暴力の被害者となることがあるという話を盛り込んでお話しいただけました。(区のDV担当の職員にとっても、LGBTの性暴力被害について知る貴重な機会となったようです)

7.HIVの予防啓発・検査について
  LGBTの中でもとりわけ男性同性愛者の人口が増えると、若者・外国人・10代の女性・同性愛者が感染に関するリスクビヘイビアとされるHIVの感染率が高くなります。
 中野区では27年度の予算で、HIV即日検査の予算が大きく増え、毎回の検査の定員が増えることとなりました。また、来年以降もニーズを見て検査の定員を確保していくとのことです。
by wishizaka | 2015-03-31 23:06 | 実現しました
<< 渋谷区の「男女平等及び多様性を... 事務所開き等無事に終了しました。 >>