中野区長選挙において、田中大輔現区長が惨敗し、新たに酒井直人新区長となることが決まりました。

 田中大輔現区長の中野区長選挙の結果は惨敗でした。力及ばず、申し訳ございませんでした。

14日までが任期となる田中大輔現区長に対して、ご支援いただいた皆様、集まっていただいた皆様、ご協力いただいた皆様、区長を暖かく迎え入れてくださった皆様には、心から感謝いたしております。
また、新区長や新区長の支持に回られた方々への敬意を表明いたします。

 敗因は複数の原因が様々ありますが、結果を真摯に受け止めることが必要です。しかしその一方で、田中区長の16年間の実績である、子育て支援、障碍児・者や高齢者の見守り支え合い、障碍者も高齢者も外国人もLGBTも女性も誰もが暮らしやすいユニバーサルデザインの推進、全党派が反対しない形での同性パートナーシップ制度の決定、そして持続可能な福祉を可能とする財政改革、官尊民卑を脱するための職員の意識や人事の改革、災害に強い都市を作る街づくりに対する私の評価は、私自身の一期目の当選後も、二期目の当選時も、そして、今も変わるものではありません。
 新たな区長に対する区民の判断を尊重しつつ、私の二期目の選挙で私の政策を支持していただいた皆さんの判断も大切にして行きたいと思います。政局に振り回されることなく、福祉や人権や多様性が護られる地域づくりを進めることや、それが一時的なものではなくきちん持続可能性の裏付けがなされたものであるように議員として行政をチェックし、時に押したり引いたりしながら、動いていきたいと思います。

 また、今後の新たな状況下において、私を変わらずにご支援いただける皆様や、すべての区民(とりわけ不安や孤立を抱えている人)のために何ができるのか何をすべきなのかをしっかりと考え、不安と孤立を見捨てない社会、多様性が保障される地域づくりをしっかりと進めていきたいと思っております。

 力不足が露呈してしまった私ではありますが、今後も引き続き変わらぬご支援をしていただけるのでありましたら、本当に幸いです。残り11か月の任期と、その後に向けて歯を食いしばってしっかりと頑張っていきたいと思います。


[PR]
by wishizaka | 2018-06-11 19:21 | Trackback
トラックバックURL : https://ishizaka.exblog.jp/tb/29846463
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 虐待について東京の若手の議員グ... 子どもたちが放課後に過ごせる場... >>