人気ブログランキング |

平成30年第4回定例会 議員提出議案について

議員提出議案のうち、
「選択的夫婦別姓制度の法制化を求める意見書」に賛成をしました。
なお、結果は賛成多数で可決をしました。(石坂も賛成しました。)
今回の意見書は、区民から出されていた「選択的夫婦別氏(夫婦別姓)制度の法制化を求める意見書の提出に関する陳情」に基づいて作られました。

【意見書の内容】

選択的夫婦別姓制度の法制化を求める意見書
1996年2月26日、法務大臣の諮問機関である法制審議会が選択的夫婦別姓制度の導入を含む民法改正案を答申してから22年が経過しました。最高裁判所は2015年12月16日、「夫婦同姓規定には合理性があり合憲」とする初判断を示した上で、その後の検討を国会に委ねましたが、議論が進まないまま今日に至ります。
内閣府は2018年2月13日、「家族の法制に関する世論調査」で夫婦別姓制度導入の賛成が42.5%に達し、反対の29.3%を上回るという結果を公表しました。このような社会の気運を鑑み、国において制度導入に向けた議論が進められるべきです。
改姓によりそれまで築き上げてきたキャリアに分断が生じる人や、姓の折り合いがつけられず結婚そのものを諦める人など、社会的な不利益・不都合をこうむる人が一定数いることは事実です。多様化する社会において、適切な法的選択肢を用意することは、国の責務であると考えます。
よって中野区議会は、国会及び政府に対し、選択的夫婦別姓制度を法制化することを求めます。
以上、地方自治法第99条の規定に基づき、意見書を提出します。

衆議院議長
参議院議長
内閣総理大臣    あて
総務大臣
法務大臣


by wishizaka | 2018-12-15 02:13 | 議会内の活動(質問など) | Trackback
トラックバックURL : https://ishizaka.exblog.jp/tb/30219472
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< ボランティア募集のお知らせ 30年第4回定例会最終日、本会... >>