人気ブログランキング |

区立平和の森公園についての変更議案について

(概要)

 行政は草地広場の地下に全く手を加えない提案が可能であった状況において、地下の工事を行う提案を行いました。

それに対して、変更議案に賛成をした議員も、反対をした議員も、草地広場を掘り返して地下の工事をすることはほぼすべての議員が容認する(あるいは容認せざるを得ない?)形で賛否が問われました。

にもかかわらず、草地広場をそのままの形で残すかどうかが争点であったかのように主張をする方がいることは、私の目には政争や茶番にしか見えず、また、行政の説明も真偽について信頼しきれない中、この状況は判断できる状況ではないと考え、本会議場から退席をいたしました。


(詳細)
 区立平和の森公園について、300mトラックなどをつくる予定を取りやめるけれども、

その地下部分の工事だけは予定通りに行う不思議な議案が出ました。


 なお、契約の変更を巡っては、建設委員会でのこれまでの質疑のやり取りでは、地下の工事を含めてすべての工事を取りやめる変更も可能であるが、そうはせずに、地下部分の工事を行った方が良いという政策判断によって草地広場の掘り返しとEPSブロック(発泡スチロール)の埋設を行う政策判断をしたとのことでした。


 EPSの埋設により、水はけの改善は見込めますが、費用と効果を考えれば、ちぐはぐさのある必要性の低い工事をするように思えました。


 また区は、雨水は地下の土壌への浸透を推進することが望ましいという全区的な考え方を持っているのにもかかわらず、

これまで雨水は地下浸透をさせてきていた部分も含めてEPSブロックの埋設により、雨水を集めて下水と同字扱いで排水として流し込む構造にするとのことでした。


 そして、EPSブロックを地下に埋設することについて、難燃性ではあるが不燃性ではないEPSブロック(「難燃処理が施されておりますが、直火に当たると燃えます。高温(80℃)になると軟化変形しますので火気厳禁、高温化での保管・ご使用は避けてください」とされています。 )を防災公園に埋設することに関してや、EPSブロックは発泡スチロール製ですが、過去に環境省が地下への埋め立てを制限していた時期があったためその安全性への配慮に関して、質問をしたところ、60cm程度の土や草の層がEPSブロックの上に作られるので、一部そこよりも幾分薄い場所もあるが、問題がないとの主旨の回答がありました。

 しかし、東京都下水道局が情報公開している資料では24センチ程度の厚みの箇所があるとのことが分かりました。24センチ程度でも土があれば大丈夫という判断を区はしているとのことでしたが、その前に60センチだから大丈夫という答弁をしていたことを考えると、信頼性に欠く答弁がなされたように思えました。

 なお、過去にはEPS工法工事中の公園で自然発火による火事が起きた例(危険物等事故防止技術センターの情報)がありますが、こうしたことが起こりうることを担当者は知らない様子でした。


 そして、私の質問に対してEPSブロックの埋設を含む工事は、国からの補助なども入っていますが、どの部分の工事が国費で区費かは区分できないという答弁をしていましたが、東京都下水道局が公開した書類(東京都下水道局に区が提出していた書類)にはEPSブロックについては区費の投入はなく全額国費であるように思えるような記載が見られました。

f0121982_02543131.jpg


 工事を延期すれば延期するほど、違約金が生じる時間がない中で、結論をすぐに出したいという主張を区は行っておりました。

しかし、地上の工事を辞めた場合にも地下の工事はそのまま行うのか否かという事については時間をかけた検討を行うべきであるように思えました。

区長が変わり政策変更を行う事、それによって経費が掛かることは必要経費でありそこは惜しむべきではないと私は思っています。

 予算の肥大化を抑制するというのであれば、31年度の予算に計上されている、中野大好き中野さんを含むシティプロモーション関係の事業予算約7000万円や、区長の公用車を新規に設ける予算約1000万円を1年先延ばしにすれば、違約金の費用は捻出できるようにも思えました。


 また、本会議場での議決直前に開かれた区議会総務委員会を傍聴していた際に、行政側から「工事が遅れると違約金がいくらになるかは不明」という話が出ました。

 しかし、すでに田中前区長の時代にできた現行案をストップし、酒井区長が提案している変更案を議論をするためか工事に中断が生じていて、違約金を払う必要が出ている中で、「今後の工事が遅れた場合の違約金がいくらくらいになるのかを職員が想定していない」ということは考えにくいと思われました。


 あげく、3月5日号の区報に「平和の森公園の愛整備について計画を一部変更したので説明会を開催します」という主旨の記事が掲載されました。しかし、変更するための議案が可決されていないどころか議会に対して提案すらされていない状況での掲載であり、問題であると思われました。


 そして、いつ出るのかと思っていた、変更議案が、定例議会最終日に提案されました。総務委員会に諮り、本会議場で即日での議決となるため、もし仮に一定数を持つ会派が修正案を出そうとしても難しいタイミング、また、無所属も含めて総務委員会以外の議員は何らかの形で質問を提起するにしても、それが難しいようなあまりにも時間がない形で進められました。

(議案が出る前に、行政がどういう変更をしようとしているのかは委員会での審査がされてきましたが、

 委員会での審査の結果が議案にどの程度反映されたのか反映されなかったのかは議案が出てくるまで分からずじまいでした)


 私は建設員会で変更議案でも工事がなされる地下の工事が不要なのではないかという質問をし、

むとう議員が厚生委員会でEPSブロック埋設の人体への影響について質問をしたほかは他の議員から

地下の工事は行う必要がないのではないか/大丈夫なのか等の主旨の質問等は出ませんでした。


 この工事の必要性について納得のいく説明が得られず、区の職員の説明が不十分であったり、信頼しきれない印象がぬぐえませんでした。

 また、それまで平和の森公園の工事に反対し、「草地広場はそのまま」と主張をしていた議員も、

なぜかEPSを埋設する工事については問題視することもなく、変更議案でも草地広場を掘り返す工事がなされるのに

「草地広場はそのままのこる提案を区長がしました」ということを発言している(工事がなされることを隠している?)状況に違和感がありました。
(万が一、今後、変更議案に賛成をした議員が「区長は草地広場を”手を加えず”に残そうとしたのに、議会の多数派がその案をつぶしたので、

草地広場に工事の手が入ることになってしまった」と発言するようなことがあれば、事実の歪曲にほかなりません。)


 区費も入る地上の300mトラックはやめる。工事を全部取りやめると違約金が生じる。地下のEPSの工事は行う。

EPSは全額国費であるように見える。

 これってどうなんでしょうか。


 こうした状況の中、本会議場において、私は席を蹴って退場しました。

(議会全体での結果は、賛成19、反対20、退席1で、否決となりました。なお、もし私が反対に票を投じていた場合も否決、

もし私が賛成に票を投じた場合も可否同数の場合は自民党の議長が最後の1票を投じるため否決となっていました。)


 もう一度言います。行政は草地広場の地下に全く手を加えない提案が可能であった状況において、地下の工事を行う提案を行いました。

それに対して、変更議案に賛成をした議員も、反対をした議員も、草地広場を掘り返して地下の工事をすることはほぼすべての議員が容認する(あるいは容認せざるを得ない?)形で賛否が問われました。

にもかかわらず、「草地広場をそのままの形で残すかどうかが争点であった」と主張をすることは、(主張をする方の発言の意図は想像の域を出ないので、そうであることについて確たる証拠がないところではありますが、)私の目には政争や茶番にしか見えません。


 その方の意図するところではない結果となってしまったかもしれませんが、

「私はあなたに次の選挙で投票はしません。でも、こういう問題があります」等々の形で

問題点を教えてくださった方々に対して有難かったと思っています。

また、モノを作るときには地下のことを考えるという事について私が認識不足であったことを痛感致しました。

今後は目に見えない部分もきちんと考えることが必要であると思います。

 私が今回の件でどういう投票行為をしても、仮にEPS工事をしないことになったとしても、この件に関しては

ご批判を受け続けることことこそあれ、それによって何らかの形で票が入るとか、支援者が増えるということはないという事は認識しています。

 EPSの工事が不要であることで見解が一致した方ともほかの点では異なる部分のほうが多いと思われているかと思います。

ただ、私なりに優先順位の高低はありつつも、だんまりを決め込むことなく、行政に向き合っていきたいと思います。



by wishizaka | 2019-03-19 03:19 | 議会内の活動(質問など)
<< 石坂わたるを応援していただく、... 「保育の無償化、待機児童解消、... >>