人気ブログランキング | 話題のタグを見る

令和6年度(2024年度)予算の議決が3/7に行われました。

3月7日の中野区議会本会議における、令和6年度の予算の議決において、石坂わたるは


第6号議案 令和6年度中野区一般会計予算   に賛成

第7号議案 令和6年度中野区用地特別会計予算 に賛成

第8号議案 令和6年度中野区国民健康保険事業特別会計予算 に反対

第9号議案 令和6年度中野区後期高齢者医療特別会計予算 に賛成

第10号議案 令和6年度中野区介護保険特別会計予算 に賛成


の立場で討論をいたしました。

(結果的には、上記のすべての予算案が賛成多数あるいは全会一致で可決をしました。詳細はこの投稿の末尾を参照下さい。

ただし、https://ishizaka.exblog.jp/33883561/ の通り、一般会計予算については前日の予算委員会で、区長提案の予算案に対して、区議会からの付帯意見が付されています)


============以下、石坂が行った討論の内容=================

(手元の原稿より。実際に討論の際には、原稿通りに読めていないあるいは原稿通りには読まなかった箇所もあります)


 


超高齢化社会というに関して、団塊の世代が後期高齢者となる2025年問題が叫ばれる中で、来年度は令和6年度は西暦で2024年度。年度終盤に2025年を迎えます。

益々の、社会保障費(医療費・介護費など)の負担の増加、求められる医療・介護ニーズや福祉に関する困りごとの変化や複雑化、経済規模の縮小やそれに伴い税収減などに対し、十分な準備が必要です。


また、それに加えて、団塊ジュニア世代が定年機を迎えるとともに、高齢者の人口がピークとなる2040年には、社会保障費の増大や労働力不足だけでなく、インフラや公共施設の老朽化とその更新の困難などの課題も加わる2040年問題が起こると言われており、2040年も乗り越えられる視点での、施設の建替えや社会保障を持続可能なものとするため、一定自立可能な区民の方には我慢もお願いする福祉や社会の仕組みづくりが必要となります。


介護保険特別会計については、 新規で介護認定審査会のオンライン化や介護認定進捗紹介システムの導入がされます。これについて評価をしつつも、ICTやオンライン会議に不慣れな審査会委員が発言しづらい状況にならないようにし、ICTに慣れている人でないと委員に就任しづらいことが生じないよう配慮を求めます。

なお、2025年問題、2040年問題に関して、健康寿命を長くしていくことが、高齢者のQOLの向上、制度の維持、そして、現在の子どもたちが将来負担する税や社会保障の国民負担率の伸びを抑えることにつながります。自治体で工夫が可能な介護予防・日常生活支援総合事業(総合事業)について今回の予算ではめぼしい新たな取組は見受けられませんでしたが、より効果を高めるスクラップ&ビルドが必要です。

以上のような指摘をし、介護保険特別会計については賛成をいたします。


次に、国民健康保険事業特別会計については、

特定保健指導対象者などが、40歳以上であったものが35歳以上へと対象者が広がります。一定評価をいたしますが、これによって、単に30代後半の方の病気の早期発見だけでなく、より早い段階から自らの健康に気を配り、生涯健康でいられる人を増やすことを含む展開が求められます。

なお、私は従来から傷病手当金についてフリーランスや自営業者を含む個人事業主について、先進自治体を見習って、区独自でも新型コロナウイルスに感染をしたあるいはその疑いが生じた場合に、傷病手当を開始すべきであると主張をしてまいりました。

コロナ対策としての被用者に対する傷病手当金に関する予算は来年度は175万円。前年の1,017万円余から大幅に減っているものの予算が計上されています。これは新規の感染者に対する傷病手当が終了したことに伴う減ですが、令和6年度においても、2023年5月7日までに感染した人で、まだ時効を迎えておらず、今からでも請求することができる権利を持つ人がいることや、昨年5月7日までに感染してその後未だに長期入院中の方などが傷病手当の支給対象となるために予算計上されています。

この点を区民委員会で問うたところ、個人事業主への傷病手当の支給ができない理由について、特定財源がつかないからであるとの答弁がありました。しかし、一般財源で行われる様々な事業が目白押しである中で、特定財源がつかないからといった理由で、同一の保険に対して同一の基準で保険料を支払っている個人事業主が切り捨てられることは不当かつ差別的であると考え国民健康保険事業特別会計予算につきましては、反対いたします。


次に、用地特別会計については

鷺宮小学校跡地内の国有地取得については、地域の資源として活用できる土地を区の財産として購入することに問題はないと考えます。全区的に、用地の購入に当たっては近視眼的な観点だけでなく、長期的な視点、区全体の施設のあり方という観点、次世代にとって何が必要で、区債発行などに依る負担をどう求めるのか、という論点での議論をこれからもしっかりとしていただけるよう要望しつつ、賛成をいたします。


後期高齢者医療特別会計については、「還付金=詐欺」という風潮が広がる中、詐欺ではない、後期高齢者医療についての還付金の未済額が年々増加していることが気がかりですが、高齢者の方にわかりやすい説明を行い、安心して還付金を受け取られる工夫を令和6年度の予算で予定しているとのこと。様々な区が徴収するお金の徴収率の向上と同様に還付の達成率も高めてもらえるよう求め、賛成をいたします。


一般会計については、これまで私も議会での質疑で取り上げてきた障害者の雇用の促進、医療的ケア児に関する通学の支援などが進むことを評価します。

また、里親支援の拡充や、社会的養護自立支援拠点事業などによって実親のもとで暮らすことができないあるいはできなかった子どもや青年の支援が進むこと、外国人相談窓口の開設、子供の貧困支援などについて期待をしております。


なお、過去に委員会での質疑等で指摘をしてきた特定不妊治療費助成については、東京都からの助成を受けられた人への上乗せのみであり、東京都からの助成を受けることができないAIDでの人工授精を受けた男女の夫婦やレズビアン等女性同士のカップルが支援から漏れ続けてしまうことの問題、区債の発行や基金の取り崩し額が増える一方で必要な基金の積立ができない点が大きな問題であると指摘いたします。


特に基金の積立ができていないことは大きな問題であると考えます。物価上昇に伴う現金の価値が低下する中で、同じ額が確保できていても価値が目減りします。

今後、様々な区有施設の寿命に依る建替えが迫る中、その財源を確保すべく積立が必要であるにもかかわらず、全体的な基金積立額が過去10年で最低額となることは大問題です。

令和4年度まで増え続けたコロナ対策につぎ込む一般財源がようやく減り始めた時期でもあり、コロナ対策に使ってきたお金を少しでも積立に回すことができたはずです。

 また、これは価値観の別れるところかもしれませんが、加熱する物価上昇に対して物価高騰対策で一般財源の投入が増えてしまっていますが、これまで繰り返し指摘をしてきましたように、物価高等に対しては本当に困難を抱えている人に対するセイフティネット以外は支出を抑え、物価高騰を促進しないように総需要抑制をしつつ、デフレに備えた基金の積立をすべき時期であり、そうした判断ができれば、物価高騰対策に投入する一般財源も減額して積むことができたはずです。


巷では日経平均株価がバブル期の1989年の38915円を突破したとニュースになっていますが、国民生活基礎調査の数字では1989年の日本の所得の中央値は471万円、貯金の2022年では中央値は423万円とされていて、48万円少なくなっています。

また、そもそも現金の価値が年々低くなっています。2020年基準の消費者物価指数から考え、2020年の価値に換算をすると、1989年の471万円は2020年の価値では521万円余、2022年の423万円は2020年の価値では396万円余となりますから、所得が最も中間である人の購買力すなわち稼いだお金でモノを買う力は125万円相当も低下しているということとなります。

もちろん、バブルと今を比べて単純比較はできないものの、一般的な家庭の購買力は多くなさがあります。

それにもかかわらず、多くの人が親世代の形成していた家族、消費意欲をくすぐるテレビや映えを意識したSNSからの情報で、幻想的な普通の生活イメージを形成しています。そして、それが実現しないことで、「普通の人と比べて生活が苦しい」という意識の苦しみを抱えています。


昔の右肩上がりの経済あるいは高止まりの経済状況を前提とした普通を維持するための、背伸びをした行政サービスを展開するのではなく、急速に人口減少や高齢者割合が高まる社会の中で、急降下することなくソフトランディングをするために今からどのように備えるのかそれを考えた予算を、区民に理解を求めていくことが必要です。


区財政の健全な持続性に関して、疑念があるため、今回予算に賛成をするか、反対をするか、かなり迷いました。

ただ、先程申し述べましたような、困難を抱えている人のための事業も多々含まれていることなどから、今回は賛成をすることといたしました。

しかし、令和6年度に予算計上されている、令和8年度策定予定の「次期区有施設整備計画策定」に向けた新規の取組がしっかりと進み、それに伴う基金の積立がしっかりと行われないならば、今回困難を抱えている人のために始まった事業についてもその持続について黄色信号が灯ります。子育て支援のつけをその子どもたちに追わせないこと、景気の加熱を抑えること、また、区民に対してポピュリズムにならないよう、ときに頭を下げたり、非難を受けようとも、お願いをして、スクラップ&ビルドをすすめることが大切です。

今後、これらの指摘に改善が見られなければ、令和7年度の予算案の際には賛成ができかねることを申し添えつつ、賛成の討論といたします。


======(討論内容は以上)=======



議決の結果は以下のとおりです。


第6号議案 令和6年度中野区一般会計予算:賛成多数で可決(むとう議員、吉田議員を除く議員が賛成

第7号議案 令和6年度中野区用地特別会計予算:全会一致で可決

第8号議案 令和6年度中野区国民健康保険事業特別会計予算:賛成多数で可決(共産党、むとう議員、石坂を除く議員が賛成)

第9号議案 令和6年度中野区後期高齢者医療特別会計予算:賛成多数で可決(むとう議員を除く議員が賛成)

第10号議案 令和6年度中野区介護保険特別会計予算:賛成多数で可決(むとう議員を除く議員が賛成)



by wishizaka | 2024-03-07 23:22 | 議会内の活動(質問など)
<< 中野区議会にて、令和6年度(2... >>