カテゴリ:国政や自治体全般の動きなど( 15 )

 杉田議員のLGBTに関する発言を巡り、有志の自治体議員のメンバーとともに抗議声明を提出しました。


<概要>
 杉山水脈議員の月刊誌での投稿記事内容についてLGBTに関する無知や偏見が垣間見られるものであったため、他の自治体と有志で抗議声明の提出を行いました。

( なお、この記事は進捗に応じて、情報の更新をしてまいります。  最新更新 2018年8月4日2:00頃)


index
(1)抗議声明提出にあたっての経緯
(2)発端となった新潮45における杉田議員の記事の概要
(3)私が気になった杉田議員の無知や偏見などによる色眼鏡に対する私の意見。
(4)議連が自民党に提出をした抗議声明文
(5)当日の流れ等
(6)報道 (主なもの)
(7)元職を含む、国会議員や首長の発言。 (主なもの)
(8)参考情報
(9)自民党党本部の見解
(10)自民党党本部の見解に対する声明
(11)世論の反応


(1)抗議声明提出にあたっての経緯
 杉田水脈(みお)衆院議員(比例中国ブロック)が月刊誌「新潮・45」(平成30年8月号)への寄稿で、同性カップルを念頭に「彼ら彼女らは子供を作らない、つまり『生産性』がない。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか」などと述べました。
これについて、LGBT自治体議連の呼びかけ人でもある関東のオープンリーの当事者議員5人(前田文京区議、上川世田谷区議、石川豊島区議、細田入間市議、中野区議である私)で対応を話し合い有志での抗議声明文の文案検討を始めました。そうしていた時に7月27日に参議院議員会館そば(自由民主党本部の向かいにあたります)にて抗議集会が開かれるとの情報が入り、タイミングを合わせる形で自民党本部に抗議声明を提出することにいたしました。そして、都合がつかなかった細田議員を除き、都内のLGBTの当事者議員4名で参議院議員会館そば(自由民主党本部の向かいにあたります)での街頭アクションへ参加し、その後その足で自民党党本部に書面を持参し、(職員は勤務時間外になるとのことで警備員の方に)受け取ってもらいました。
(2)発端となった新潮45における杉田議員の記事の概要
★0 タイトル 「LGBT」支援の度が過ぎる
★1 朝日新聞や毎日新聞といったリベラルなメディアは「LGBT」の権利を認め、彼らを支援する動きを報道することが好きなようですが、違和感を覚えざるをません。……背後にうかがわれるのは、彼ら彼女らの権利を守ることに加えて、LGBTへの差別をなくし、その生きづらさを解消してあげよう、そして多様な生き方を認めてあげようという考え方です。
★2 しかし、LGBTだからと言って、実際そんなに差別されているものでしょうか。もし自分の男友達がゲイだったり、女友達がレズビアンだったりしても、私自身は気にせず付き合えます。職場でも仕事さえできれば問題ありません。多くの人にとっても同じではないでしょうか。
★3 LGBTの当事者たちの方から聞いた話によれば、生きづらさという観点でいえば、社会的な差別云々よりも、自分たちの親が理解してくれないことのほうがつらいと言います。……これは制度を変えることで、どうにかなるものではありません。LGBTの両親が、彼ら彼女らの性的指向を受け入れてくれるかどうかこそが、生きづらさに関わっています。そこさえクリアできれば、LGBTの方々にとって、日本はかなり生きやすい社会ではないでしょうか。
★4 「生きづらさ」を行政が解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです。
 例えば、子育て支援や子供ができなカップルへの不妊治療に税金を使うというのであれば、少子化対策のためにお金を使うという大義名分があります。しかし、LGBTのカップルのために税金を使うことに賛同が得られるものでしょうか。彼ら彼女らは子供を作らない、つまり「生産性」がないのです。そこに税金を投入することが果たしていいのかどうか。にもかかわらず、行政がLGBTに関する条例や要項を発表するたびにもてはやすマスコミがいる」
★5 自分が認識した性に合ったトイレを使用することがいいことになるのでしょうか。……Tに適用されたら、LやGにも適用される可能性だってあります。自分の好きな性別のトイレに誰もが入れるようになったら、世の中は大混乱です。
★6 最近はLGBTに加えて、Qとか、I(インターセクシャル=性の未分化の人や両性具有の人)とか、P(パンセクシャル=全性愛者、性別の認識なしに人を愛する人)とか、もうわけが分かりません。なぜ男と女、二つの性だけではいけないのでしょう。
 オーストラリアやニュージーランド、ドイツ、デンマークなどでは、パスポートの性別欄を男性でも女性でもない「X」とすることができます。LGBT先進国のタイでは18種類の性別があると言いますし、SNSのフェイスブック・アメリカ版では58種類の性別が用意されています。もう冗談のようなことが本当に起きているのです。
★7 多様性を受けいれて、様々な性的指向も認めよということになると、同性婚の容認だけにとどまらず、例えば兄弟婚を認めろ、親子婚を認めろ、それどころか、ペット婚、機械と結婚させろという声が出てくるかもしれません。現実に海外では、そういう人たちが出てきています。どんどん例外を認めてあげようとなると、歯止めが効かなくなります。
★8 「LGBT」を取り上げる報道は、こうした傾向を助長させることにもなりかねません。朝日新聞が「LGBT」を報道する意味があるのでしょうか。むしろ冷静に批判してしかるべきではないかと思います。
 「常識」や「普通であること」を見失っていく社会は「秩序」がなくなり、いずれ崩壊していくことにもなりかねません。私は日本をそうした社会にしたくありません。
(3)私が気になった杉田議員の無知や偏見などによる色眼鏡に対する私の意見。。
★0( 「LGBT」支援の度が過ぎるについて)
 ⇒度が過ぎる以前に、法律的な根拠のある支援策がなく、通知・通達レベルや自治体の条例や要綱レベルの取り組みしかなく、必要な手立てがほとんどなされていないに近い状態です。
★1 (朝日新聞や毎日新聞といったリベラルなメディアは…その生きづらさを解消してあげよう、そして多様な生き方を認めてあげよう… について)
 ⇒確かに、生きづらさを解消し、多様な生き方を認めるということは私にも感じられます。しかし、新聞の報道において、それはLGBTに限定されているものであるとは私には思えないということがあります。障碍者、高齢者、外国人、妊産婦を含む女性、生活困窮者、様々な病気を抱えた人等様々な人の抱える生きづらさや多様な生き方について取り上げられているかと思います。ただ、これまで取り上げられる機会が少なかったLGBTに関して伸び率が高いということは言えるかもしれませんが。
★2 (…私自身は気にせず付き合えます。職場でも……多くの人にとっても同じではないでしょうか。… について)
 ⇒杉田議員の周りでは、あまり事例がないのかもしれません。また、20年前と比べたら、「気にせず付き合える」「仕事上も問題がない」と考える人が増えています。しかし、数が多いか少ないかは主観による部分が大きいかと思いますが、ゲイやレズビアンであることによって友達を失ったり、仕事を失ったり、就職に不利になった経験を持つ人が私の周りにはいました。気にして付き合わない人や仕事ができても問題であるととらえている人は今でも一定社会にいる状況であり、その解消により近づける取り組みを進めていくことが必要であると感じています。
★3 (……自分たちの親が理解してくれないことのほうがつらいと言います。…… について)
⇒ どうして親が理解をしてくれないのかについては、親御さん自身に偏見や色眼鏡があるとともに、世間や社会に差別や偏見が存在していることがへの心配が存在している場合が多いのだと思います。
★4(「生きづらさ」を行政が解決してあげることが悪いとは言いません。しかし、行政が動くということは税金を使うということです。…… について)
⇒行政職員はLGBTも、そうでない様々な少数者や多数者のひとを含め、行政は国民や住民が抱えている困りごとに耳を傾け、すべての行政サービスをより良い形で提供する奉仕者であると思います。また、子どもを作らない、作れない男女のカップル・夫婦もいます。一方妊活をしたり、子育てをする女性カップルは国内でも増えてきており、また、男性カップルが養育里親となるケースも出てきています。
★5(自分が認識した性に合ったトイレを使用することがいいことになるのでしょうか。……Tに適用されたら、LやGにも適用される可能性だってあります。自分の好きな性別のトイレに誰もが入れるようになったら、世の中は大混乱です。 について)
⇒トランスジェンダーには、
・性別適合手術を受けていないトランスジェンダー (戸籍上の性別=生まれ持った性別=現在の性器の性別=服を着たうえでの現在の見た目の性別⇔自分が認識をしている性別 )
・性別適合手術を受けて戸籍上の性別も変更したトランスジェンダー(戸籍上の性別=現在の性器の性別=服を着たうえでの現在の見た目の性別⇔自分が認識をしている性別⇔生まれ持った性別)
のどちらかしかないと思われていらっしゃる節があります。
 「生まれた時の性別も戸籍上も男性だけれども、性自認は女性、見た目も性別適合手術を受けて女性である場合」、「生まれた時の性別は女性、服を着たうえでの見た目は男性、外性器はペニスがない場合」、「性別適合手術は受けていないので性器は変わっていないが、ホルモン治療によって洋服を着た状態での見た目は戸籍上の性別と異なる場合」などが想定されていないようです。
★6(……I(インターセクシャル=性の未分化の人や両性具有の人)とか、……SNSのフェイスブック・アメリカ版では58種類の性別が用意されています。もう冗談のようなことが本当に起きているのです。)
 見える化が進んだのは最近かもしれませんが、昔から様々な性別・性的指向・性自認の人がいました。その言葉を認めないことで、存在が消えてなくなるわけではありません。特に「インターセクシャル」と書かれている方々については、なぜそうなるのかは人によって異なるわけですが、性染色体がXYやXYではなく、XO(X一本のみ)のターナー症候群の方やXXYのクラインフェルター症候群の人は昔から、一定程度産まれています。そして、本人の意思にかかわらず、物心つく前に、男性か女性の2分法に手術によって矯正して合わせるということが長年行われてきました。しかし、男性でも女性でもない身体を無理やりどちらかに合わせるということで、一度の手術で済まずに何度も体にメスを入れられ苦しんだ経験のある当事者の方もいます。また、戸籍上男性を割り振られた当事者の方で思春期に胸が大きくなってきて大変な思いをされたという方もいます。
★7( 多様性を受けいれて、様々な性的指向も認めよということになると、……、歯止めが効かなくなります。  について)
 ⇒LGBTに関するの多様性を認めた結果、歯止めが利かなくなって社会が崩壊した国はないと思われます。また、千葉県流山市が地域おこしのために行った恋届では、漫画やアニメのキャラクターなど実在しない人物との恋届の提出が認められましたがこれについてもその地域社会が崩壊したという話はありません。
★8 (「LGBT」を取り上げる報道は、こうした傾向を助長させることにもなりかねません。…… について)
 
⇒日本人は旧石器時代や縄文時代から現代にいたるまで、常識を次々に変え、何が普通であるかも変化をし続けてきました。しかし、八百万の神の信仰、稲作の受け入れ、仏教の受け入れと17条の憲法の制定、渡来人の受け入れ、遣隋使や遣唐使の派遣と廃止、平安遷都、幕府による武家政治、皇室の南北朝の対立、下克上、鎖国、開国やキリスト教の解禁、明治維新、2度の世界大戦を経て、常識や普通は変わり続けてきました。しかし、秩序がなくなって社会が崩壊したりすることはありませんでした。LGBTに関することはそれなりの社会インパクトがあるかもしれません。しかし、日本社会がそれによって秩序がなくなったり、社会が崩壊したりするほど日本社会はやわではないと思うのです。

(4)議連が自民党に提出をした抗議声明文
 合意形成の時間がない中ででしたので、議連全体で作成したものではなく、呼びかけ人が有志として作成をいたしたものです。 
(以下、声明文)

「衆議院議員 杉田水脈氏の寄稿文に関する抗議声明

自由民主党
総裁 安倍晋三殿
貴党所属の衆議院議員 杉田水脈議員が、月刊誌「新潮45」8月号に「『LGBT』支援の度が過ぎる」と題する文章を寄稿しました。この寄稿文は、事実誤認と偏見に基づいており、地域に根ざしたLGBT施策に取組む私たちLGBT自治体議員連盟世話人として、看過できないものであり、強く抗議するものであります。
今、自治体では、LGBT当事者やその支援者が声をあげ、こうした声に自治体議員や行政が向き合い、支援や制度設計を始めています。党派を超えた動きによって、LGBTに関する請願・陳情が全会一致で可決される自治体も出てきています。
杉田議員の寄稿文はこのような自治体の動きを否定するばかりでなく、根強いLGBTへの差別や偏見を助長するとともに、子どもを産まない人、産めない人、障碍や病気等によって経済的な自立が難しい人をも否定するものであり、決して許されるものではありません。
自民党はこうした声を真摯に受け止め、所属議員に対する啓発を進め、性的指向や性自認に関し、国民の尊厳を傷つけ、否定する発言を行う場合には責任ある公党として必要な処分を行うよう、強く求めます。
私たちは改めて、差別や偏見と闘い、自治体におけるより良いLGBT施策を実施するために全力を尽くす決意であることをここに表明いたします。
以上
LGBT自治体議員連盟世話人一同
前田邦博(東京都文京区議会議員)
上川あや(東京都世田谷区議会議員)
石川大我(東京都豊島区議会議員)
石坂わたる(東京都中野区議会議員)
細田智也(埼玉県入間市議会議員) 」

(以上が声明文です)




(5)当日の流れ等
 7月27日について当初は時間をかけて賛同人を集めて声明を発表ということも考えていましたが、7月27日の夜に街頭での抗議活動が開催されるとの情報が入ったため、時機を合わせた提出となりました。
 あらかじめメンバーが提出に伺う旨、電話連絡をしたさいに、時間的に警備員による受取になるとのことでした。
19時から街頭でのアクションが開始され、19時15分過ぎ頃から、LGBT自治体議員連盟呼びかけ人・有志による、各員の挨拶と、全員での抗議声明の読み上げ。19時30分ごろに自民党党本部にいったところ、建物内ではない敷地内(門を入った屋外)での対応となり、当初警備員の方は上からの指示(おそらくは警備会社の上司)によって書面は受け取れないとのことでした。
事前に連絡をしてある旨を伝え、どうしても受け取ってもらえないのならと口頭でということで、その場で書面を読み上げました。そうしたところ、書面は受け取り党の職員に渡すがが、対応は週明けになると思う。とのことでした。
週明けに他のメンバーから聞いた話では、職員の手元にはきちんと渡ったようとのことでした。
今後の自民党の対応等について、きちんと見守っていきたいと思います。

(6)報道 (全て網羅できているわけではありません)
https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/201807270001107.html 「差別をするな」杉田水脈氏の辞職求め大規模デモ
https://www.jiji.com/jc/article?k=2018072701219&g=pol 杉田氏寄稿に抗議集会=自民本部前
https://www.asahi.com/articles/ASL7W6GMRL7WUTFK01H.html 杉田氏発言に「自民は許してはならない」 石破氏が批判

(7)元職を含む、国会議員や首長の発言。
当事者の声の高まりもある中、これをめぐる様々な国会議員等の発言が出てきています。
全て網羅できているわけではありませんが、一部紹介をいたします。
腰が引けてしまっている部分もないとは言えませんが、ここでは、「あの時こうおっしゃったのだから、きちんと対応や取組を進めてくださいね」と言える部分、今後の施策の後押しとなるような部分をきちんと押さえておきたいと思います。
 
自民党・石破茂元幹事長「LGBTという方々がいる。日本人の8%いるといわれています。12・5人に1人が、そういういろんな考えを持っています。「生産性がない」なんてことを言ってはいけない。それが許されるようであって、自民党の多様性とは言わない。懐が深いとは言わない。人の気持ちを傷つけて、平然としているような自民党であってほしいと思っていない。」( 講演での発言にて 朝日新聞7/28より)、「平気で人権を傷つけてしまう言動が、最近の自民党にないとは言わない。お咎(とが)めなしが自民党の懐の深さとは思わない」
(朝日新聞「『指導』にとどめた党本部の対応は不十分、との認識を示したものとみられる。かっ)(2日夜、都内でのパーティーで発言 朝日新聞8/3より)

公明党・谷合正明参議院議員(LGBT議連事務局長)「ある自民党議員の『生産性』がないとの誌上での発言は、LGBTだけでなく、共助社会・共生社会を構築する上で相容れない」( ご自身のTwitter7/25 )
自民党二階俊博幹事長:「人それぞれ政治的立場、いろんな人生観、考えがある……右から左まで各方面の人が集まって自民党は成り立っている。別に大きな驚きを持っているわけではない……当事者の方が社会、職場、学校でつらい思いや不利益を被ることがないよう、多様性を受け入れる社会の実現を図ることが大事だ。今後も努力していきたい」(7月24日記者会見にて BuzzFeed7/24より)
自民党・武井俊輔前外務政務官「一部の特殊な犯罪者やテロリストを除けば、生産性のない人間などいません。劣情を煽るのは政治ではなくて単なるヘイト。」(ご自身のtwitter 7/19)
自民党・橋本岳自民党厚生労働部会長「生きづらさを抱える人たちが、自分らしく生きられるようにするための福祉行政全般を否定していると受け止められかねない」(朝日デジタル 7/23 )
自民党・吉田博美参院幹事長「(性的少数者の)皆さんの人権も、しっかりと大事にした発言をすることが必要じゃないか」(7月24日記者会見にて 朝日デジタル7/24より)
自民党・菅義偉官房長官は同日の記者会見で「国会議員の一つひとつに、政府の立場でコメントすることは控えたい。……(記者から「政府としてLGBTについて理解増進を進めていく方針に変わりないか」との質問に対し、)「今まで申し上げてきた通り」(7月24日記者会見にて 朝日デジタル7/24より)
自民党・加藤勝信厚生労働相「「個々の発言についてコメントすることは差し控える……厚労省は様々な環境にいる方々が、それぞれの希望と思いを実現できるよう施策を推進している。引き続き、そうした観点に立って施策を進めてきたい」(7月24日閣議後会見にて 朝日デジタル7/24より)
自民党・稲田朋美元防衛相「平成28年2月、自民党政調会長だった私は、LGBTの方々が自分らしく、人として尊重され、活躍できる社会を実現するため、特命委員会を立ち上げた。今、この委員会ではLGBTの理解増進のための議員立法の作業中だ。私は多様性を認め、寛容な社会をつくることが「保守」の役割だと信じる。平成28年2月、自民党政調会長だった私は、LGBTの方々が自分らしく、人として尊重され、活躍できる社会を実現するため、特命委員会を立ち上げた。今、この委員会ではLGBTの理解増進のための議員立法の作業中だ。私は多様性を認め、寛容な社会をつくることが『保守』の役割だと信じる。」(ご本人のtwitter 7/24)
自民党・小泉進次郎筆頭副幹事長 「(生産性がないなどとの発言に対し、)あれはありえない」( ニコニコ動画の番組にて視聴者からの質問に対して 7/31 )
日本維新の会・松井一郎大阪府知事 「(「オカマもゲイも納税者だから生産はしているでしょ」とツイートとし、削除。その後、) 不適切な表現がありましたので、謝罪して訂正致します。性的マイノリティの皆さんも日本社会の中で様々な生産に携わっています」 (ご本人のtwitter7/24 及び BuzzFeed7/25より)
立憲民主党・山内康一国対委員長代理「『生産性』という言葉を使うこと自体、非常に違和感を覚える。子どもを産まない人間は価値がないかのような言い方であり、言語道断だ。こういった人権無視の発言をする国会議員がいること自体、同じ国会議員として恥ずかしく思う」(7月24日記者会見にて BuzzFeed7/25より )

無所属・小西洋之参議院議員「杉田議員の見解は、右とか左とかという次元のものではない。憲法にも国連人権規約にも反する暴挙だ。二階氏の発言は『自民党には(安倍総理だけでなく)ヒトラーからムッソリーニまでいます』という発言に等しい。」(ご本人のtwitter 7/24)
立憲民主党・尾辻かな子副幹事長「杉田氏はまるでLGBTが税金を使われる存在かのように示していますが、その税金の中には、LGBTの納税者が払っている分も当然あるわけです。独身であれば、控除も少なく、より多くの税金を払っている存在であることも指摘しておきます。……世界人権宣言、「すべての人間は、生れながらにして自由であり、かつ、尊厳と権利とについて平等である。」。人の価値は、生産性にあるのではありません。子どもがいる、いないにあるわけではありません。すべての人は、生きているそのこと自身に価値があることを強く申し上げておきます。」(ご本人のtwitter7/20)
共産党・小池晃党書記局長「無知、無理解、悪意に満ちた偏見で、あまりに悪質な発言。生産性がないというのは、個人の尊厳を根本から否定する妄言だ。議員の資質に関わる重大な発言だ……杉田議員個人の問題ではない。比例代表として公認し、国会議員にした自民党の責任が問われる。杉田議員は、ツイートで、大臣クラスの自民党議員からも、『間違ったことを言っていない』と言われたと。誰なのか明らかにする必要がある……発言の全面的な撤回と謝罪を求めたい。こういうことを放置していたら、自民党は基本的人権、LGBTの尊厳について語る資格のない政党だとなる」(7月24日記者会見にて BuzzFeed7/24より)
国民民主党 玉木雄一郎共同代表「「極めて問題だと思う。多様性を重視する我が党としては、看過できない問題。杉田議員本人、自民党に対しても抗議の意を表する。……ある意味ナチスの優生思想にも繋がるような問題であり、生きづらさを抱えながら、悩んでおられる当事者にとっては耐え難いもの。我が党としても強い抗議の意を表したい」(7月24日記者会見にて  BuzzFeed7/24より)」
無所属 鳩山由紀夫元首相「人間は目的であって手段ではない。自民党にかつて「女は子どもを産む機械である」と発言した大臣もおられたが、今度は杉田水脈議員が「LGBTのカップルは子どもを作らない、つまり『生産性』がない」と月刊誌で主張した。世の中には子どもを作らない愛もあるのだ。彼らにも堂々と人生を歩んで貰いたい。(ご本人のtwitter7月24日)
無所属・寺田学衆議院議員「「政党間のせめぎ合いを抜きに、色んな党の人間が一つの共通の価値観を持って活動するのが超党派の議連です……特定の党を批判する目的ではなく、ある意味普遍的な意見として、政党の影を消した形で意見を出す意味は大きい。そもそも、そういう目的のために作られたのが、この議連のはずですから……杉田さんのような考えを内心で持つことは自由ですが、国会議員の公的な発言である以上、国会として、我々が目指す国の形は杉田さんの考え方に沿ってはいないことを示すべきだと思います」(7月26日にBuzzFeed Newsの取材にて BuzzFeed7/27より
立憲民主党・枝野幸男代表「 立憲民主党の枝野幸男代表は30日の党会合で、自民党の杉田水脈(みお)衆院議員が月刊誌への寄稿で性的少数者(LGBT)への行政支援に疑問を示したことを「人権に対する意識の欠落という深刻な問題として許してはいけない」(7月30日党会合にて(産経ニュース《オンライン版》7月30日)
橋下徹元大阪市長・元大阪府知事「僕は"ネトウヨ"という言葉が嫌いだけど、ネットの中には、いわゆる"国士気取り"、威勢の良いことを言っているような人を応援する一部ユーザーがいる。そういう人たちに拍手喝采を受けながらずっとやってきた人。彼女の意見は意見として、特定の個人の名誉を毀損しない限り表現の自由だとも思うが、僕は絶対に反対だ。税金使っている国会議員だし、日本で一番生産性がないのはお前だ。アホか!……(かつて、日本維新の会にも所属していたことに対して)ポンコツの一人だ。責任の一端は僕にもある。応援に来てくれと言ってきたから行ったのに、一度選挙に落ちたら、橋下はなんだかんだと言って批判してきた"自分は「保守」だ、日本の歴史や伝統文化を守れ""国を背負ってとか"言っている連中に限って恩知らずが多い。礼儀がなってない。その後、一生懸命"国士気取り"活動しているうちに目に止まったのか、自民党で出て通った。なんで安倍さんは選んじゃったのか。自民党というのは、そういう議員まで全部抱え込んでいくから。でも、こういう国士気取りはもうダメだ」(AbemaTV『橋下徹の即リプ!』(7/26放送 7・30abemaTIMESオンライン記事)

自民党・宮川典子文部科学政務官(自民党「性的指向・性自認に関する特命委員会」元事務局長)「基礎的な知識が足りず専門用語の使い方などが適切ではないというのは深く反省しなければなりません。……未熟な知識で配慮に欠ける発言をすることは厳に慎むべきだと思います。私としては、特命委員会が当事者の皆様と積み重ねてきた緻密な議論を無にするような言動には、強く猛省を促していきます。また、言うまでもなく、そしてこの問題に限らず、よく理解できていないことに真摯に向き合い理解を深めていくことは、一人の人間として常にもっていなければならない心構えなのではないでしょうか。その姿勢こそが今、必要とされているのだと思います。」(ご本人のfacebookにて 8/2)
 

自民党・安倍晋三首相「(人権と多様性の尊重は)政府与党の方針」(8/2 視察先東松島市での記者からの質問に回答 8/2 朝日デジタルより)


自民党・野田聖子総務相「意見という以前に差別や偏見の類いではないかという懸念。生産性という言葉が適切な言葉かどうか。私は適切だとは思っていない」(8/3 閣議後記者会見 産経ニュース8/3より)

自民党・鈴木俊一五輪相「多様性が社会の発展につながっていく側面もある。多様性に配慮して発言すべきだ」(朝日新聞8/3より)




(8)参考情報
《情報提供》
障碍者団体からの動きも出てきました。
【障害者と患者の尊厳ある生を守り、推進する会(仮)「衆議院議員 杉田水脈氏の発言は出産できない障害者や患者の人権をも踏みにじるものとして抗議します」http://www.arsvi.com/o/s18.htm




(9)自民党党本部の見解
https://www.jimin.jp/news/policy/137893.html
「今回の杉田水脈議員の寄稿文に関しては、個人的な意見とは言え、問題への理解不足と関係者への配慮を欠いた表現があることも事実であり、本人には今後、十分に注意するよう指導した。」

「各国の法制度等を調査研究しつつ、真摯かつ慎重に議論を進め
議員立法の制定を目指していく。」

 とのこと。党としてこうした見解が公式に出されたことは、一歩前進だと思います。
 しかし、見解を示して終わりというのではなく、しっかりと今後どのように取り組みを進めていくのかをチェックしていくとともに、必要な指摘を引き続きしていくことが重要だと思います。


(10)自民党本部の見解に対する声明。

f0121982_01554688.jpg


(11)

【 杉田氏寄稿、自民対応に「問題」6割 朝日新聞世論調査:朝日新聞デジタル asahi.com/articles/ASL86…。
「自民支持層でも『問題がある活』が47%で、『問題はない』38%を上回った」
https://www.asahi.com/articles/ASL865G37L86UZPS002.html 】



[PR]
by wishizaka | 2018-08-01 12:53 | 国政や自治体全般の動きなど | Trackback

旧沼袋小学校に、民設民営の学童クラブが開設されます

平和の森小学校は新校舎建設時に校内にキッズプラザや学童クラブが開設されることとなっていますが、新校舎建設は国の都合で遅れています。

 そのため現在、平和の森小学校の学区のお子さんの学童保育は、野方児童館内の平和の森学童クラブで対応をしています。この学童クラブは定員70名となっていますが、毎年10人以上の待機児童が生じていました。

 区議会厚生委員会ではこれまでも、学童クラブの待機児童に対応するために別途児童館に専任職員を配置して、学童クラブの待機児童を受け入れ、児童の安全、安心の見守りを行う仕組みについてなどの審査を行ってきました。
(厚生委員会の委員は、伊東委員、佐野委員、小林ひであき委員、木村委員、浦野委員、小杉委員、山本委員、そして私石坂の8名で構成されています)

 そして、一昨日11月16日の中野区議会厚生委員会にて、旧沼袋小学校への民設民営の学童クラブを開設する判断に至ったことが、行政サイドから報告されました。

 平和の森小学校の新校舎建設が国の都合でいつになるのか目処がつかない中、とりあえず3年という期間を区切っての旧校舎内での学童保育開設となりますが、定員40名の学童保育が可能となります。このことで、この地域の学童保育の待機児童が減ることが期待されます。

 なお、開設は平成28年4月1日。応募は区役所の窓口ではなく施設に申し込むこととなりますが、募集については12月1日に出る、区の学童クラブ利用者募集要項を参照ください(そちらに手続等が掲載されます)。
[PR]
by wishizaka | 2015-11-18 20:53 | 国政や自治体全般の動きなど | Trackback

渋谷区と世田谷区の同性パートナーシップ証明書発行に寄せて

 11月5日、渋谷区と世田谷区で同性パートナーシップ証明の発行が始まりました。両区で、私の友人がパートナー登録をして証明書が発行されました。無事、パートナーシップ登録をされた皆様、おめでとうございます。
 また、ご尽力をされた両区の保坂世田谷区長・長谷部渋谷区長・桑原前渋谷区長・両区の関係職員の皆様、上川世田谷区議・岡田渋谷区議・両区の区議の皆様に敬意を表します。
 海外各国の同性婚や欧州等の婚姻に準じたパートナー制度と比べると、日本の自治体でできることは限られ、相続・代理権・養育権等々の点で遠く及ばないものではあります。
 しかし、各自治体や行政区なりに、LGBTに関する人権保障や共同参画、そして同性パートナーの生活保障をめぐる(包括的なパートナーシップ証明か個別施策での取り組みかを問わずに)取り組みがどこまでできるのかの模索が進んでいます。
 中野も地方自治の本旨(住民自らが地域のことを決定する『住民自治』と、国から独立した地域社会自らの機関によって行われる『団体自治』)に基づき、中野なりの形でパートナーに対する住民生活の形を、住民・議会・行政(区長部局や教育委員会)で進めていければと思います。
 先日のLGBTに関するシンポジウムでは、区内当事者団体や一般区民や民生委員といった住民サイド、管理職やその他の職員、公明・共産・無所属(私)の議員の参加がありました。今後の合意形成が進むきっかけになりそうな感じがしています。

f0121982_19553294.jpg

[PR]
by wishizaka | 2015-11-07 19:55 | 国政や自治体全般の動きなど | Trackback

中野区共催のLGBT関係のイベントがあります。

すべての人々が暮らしやすい中野区をめざして
「中野LGBTネットワークにじいろ」及び中野区共催シンポジウム(参加無料、予約不要)
10月29日(木)午後7時~午後9時
中野区産業振興センター(中野区中野二丁目13番14号) 3階大会議室

▶基調講演  
 永野靖(弁護士・中野区在住)
▶パネルディスカッション
 田中大輔(中野区長)
 田辺裕子(中野区教育委員会教育長)
 山田正興(山田医院院長)
 永野靖(前掲)
 大江千束 ( LOUD代表/中野LGBTネットワークにじいろ共同代表)
[司会]山縣真矢(NPO法人東京レインボープライド代表理事/中野LGBTネットワークにじいろ共同代表)

▲主催 中野にじねっと
 共催  中野区

予約不要・参加費無料・定員100名

詳細 http://www.city.tokyo-nakano.lg.jp/dept/101500/d021614.html
[PR]
by wishizaka | 2015-10-26 12:50 | 国政や自治体全般の動きなど | Trackback

新しい「東京都人権施策推進指針(27年8月版)」(2015.8.25)が発表されました。

 8月25日に、新しい東京都人権施策推進指針(27年8月版)がでました。
( http://www.metro.tokyo.jp/INET/KEIKAKU/2015/08/DATA/70p8p101.pdf )
 様々な社会的なマイノリティ・人権上の要配慮者についての現状把握や、今後の取り組むべき方向性について概ね進展していることは評価したいと思います。ただ、まだ不十分な部分も残されていることも感じました。

 この指針で、高齢者については「年齢等を理由に一律に就職や社会参加、賃貸住宅への入居の機会を奪われた」「若い世代と共に地域社会の様々な活動に参加できるよう、社会環境づくりを進めていくことが重要」と問題をとらえていることは市区町村でも重要なことだと感じています。今後、高齢者が収入を得るためだけでなく、人権・生きがいとして働き続ける環境づくりや若者との協働をどう進めていくのかが求められます。

 障碍児・者については「障害のある人もない人も、共に自立した生活を送ることができるようお互いに理解し合い、支え合う」、「学校教育においては、発達障害の子供への支援体制の整備や、障害が軽い生徒の職
業教育の充実、障害の重度・重複化や多様化等に対応した教育環境の整備など、特別な支援を必要とする子供の自立と社会参加に向けて、特別支援教育の充実を図ります。」と記載。『自立』とは何を目指して、どう進めていくのか。
 勿論個々に応じて、自立の目指す到達点は異なるわけですが、曖昧なままにしておかれることで、結局掛け声だけで終わってしまったということがないようにすることが必要です。

 性同一性障害は「学齢期にいじめに遭い、不登校になったり、性同一性障害であることを家族や友人に言えずに悩み、自殺まで考える人がいるという調査結果もあります」と明記。性同一性障害を含むトランスジェンダーなどの性的マイノリティの自己肯定感の向上や、イジメ・嘲笑の防止・教員が持つ偏見の解消が進めばと思います。 #LGBT

 同性愛者や両性愛者などの性的指向も「性的指向の異なる人達への…偏見や差別の解消を目指した啓発…、相談に応じていきます。」と明記されました。
 しかし、一方で「我が国では憲法で『婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立』と規定…」と記載されています。これは同性婚実現には憲法改正が必要であると暗に示唆する様な内容とも読めます。
 「憲法で『婚姻は、両性の合意のみに基づいて成立』と規定…」と書くだけではなく、そうであるが故に事実婚や、婚姻に準じた「シビルユニオン」や「PACS」のような制度での同性カップルの法的保障、あるいは同性カップルが抱える個別具体的な問題の解消への取組の必要性に触れる内容だとよかったと感じています。
[PR]
by wishizaka | 2015-08-27 01:33 | 国政や自治体全般の動きなど | Trackback

渋谷区の「男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」について

 渋谷区で「男女平等及び多様性を尊重する社会を推進する条例」(同性パートナーシップ証明書等を含む内容)が可決されました。

 渋谷区という場所で初めての大規模なLGBTのイベントである「東京レズビアン・ゲイ・パレード」を主催された方々がいました。(私は1994年に開催された第1回目のパレード《この時は新宿区内で開催》と、1996年に開催された第3回目のパレード《この時は渋谷区内で開催》を歩きました。)

 そして、LGBTの当事者として初めて桑原区長と面会をしてパレードへの支援を求めた「東京プライド」の方々がいました。

 そして、何年も前から今回の条例に繋がるきっかけとなる議会質問を行い、その後も時に表で時に水面下で話を進めるべく頑張ってきたアライアンスな渋谷区の区議会議員の方々がいました。

 そして、今回渋谷区に働きかけを行った、東京レインボーウィークや東京レインボープライドや、NPO法人グッドエイジングエールズ等で活躍をされている方々がいます。

 高校3年生で初めてパレードを歩いた時から、世代や団体が移り変わる中で、様々な評価や批判がなされたり、対立や分裂、再統合がなされる様子をすぐ近くで見てきました。この激流の中で表舞台から立ち退かざるを得なくなった方、自殺をされた方、苦しい思いをされた方々がいました。
 
 渋谷でパッと条例案が出て、パッと可決されたように見られる方もいますが、20年間にわたって何かが脈々と流れ続けた結果がここに至ったのではないかと感じています。

 断続的ながら20年近く行われてきた渋谷でのパレードに私もほぼ毎回参加をする中で、最初は怪訝そうな顔をしていた沿道の人たちが、そのうちに物珍しそうな表情に変わり、やがてはごくありふれた一つのハレの舞台を見るような表情に変わっていくそんなことも20年間肌で感じてきました。

 旧いものを継承する、旧いものを否定して生み出す、旧いものを乗り越える結果をだす。こうしたことの繰り返しで物事は進んでいきます。過去に起こった様々な出来事やそれにかかわったすべての方(代表者も、実行委員も、ボランティアも、参加者も)に対して手放しで評価ができるわけではないけれど、でも今の私はそのすべての方々に「ありがとう」といいたいと思います。

 今回の渋谷区の条例は規則制定がこれからということもありまだ完ぺきな物ではありませんし、条例内容として過不足がないわけではないと思います。しかしまずは大きな一歩として、あとはそれぞれのLGBT当事者が自分たちが住むまちでそれぞれどんなことをしていきたいのかを考えていくべきなんだろうなと思います。

 それがパートナーシップ制度なのか、人権擁護なのか、困りごと相談なのか、シングルライフの支援なのか、LGBTのヘルスケアなのか、地域の実情に合ったしくみづくりや、それに向けたアクションが求めらるのかと思います。

 今回の渋谷区の条例制定が、長い時間をかけて地下水がようやく地上に出て水が流れ始めた水源と同様に、ゴールではなく、新たなスタートとして今後の議論が行われていければいいなと思います。
[PR]
by wishizaka | 2015-04-01 02:24 | 国政や自治体全般の動きなど | Trackback

明日は福島県知事選挙の投票日ですね。


 明日は福島県知事選挙の投票日です。
私は熊坂候補の選挙を手伝いに福島入りをしました。
公選ビラの折り作業や配布などの手伝いをしています。

 熊坂さんは、元宮古市で、福島県出身。
これまで医師としての活動や、よりそいホットラインの代表をしてきました。

 電話相談、よりそいホットラインでは、被災者、DV被害者、セクシュアルマイノリティ、自殺念慮のある方など
それぞれ専門のスタッフを置いて、これらの問題で悩みを抱えている人を支えてきました。


f0121982_817731.jpg

f0121982_8174891.jpg

 
f0121982_8172169.jpg
f0121982_8173399.jpg

[PR]
by wishizaka | 2014-10-23 16:08 | 国政や自治体全般の動きなど | Trackback

中野区の認可保育所、増えてきています!

以前から、 「中野区は認可保育所が増えない」そういう声がありましたが、

この4月より、
・若宮3-6-9に認可保育所 田中ナースリー若宮保育園 (定員75名)
・本町4丁目4-30-12に認可保育所 マミーズエンジェル新中野保育園(定員60名) 
が開設されています。

また、秋ごろには、南台5丁目に (仮称)南台5丁目保育園(定員112名)

が開設されます。

また、来年度、(1)東中野1~5丁目エリア (2)鷺宮4~6丁目・上鷺宮1丁目エリア、(3)中野1丁目エリアにおいて、定員60名ずつの認可保育所計3園を開設すべく準備を進めています。

それでも、短期的には増え続けていく保育需要に認可保育所の設置が追い付いていませんが、
その分認証保育所の保育料補助は増額がなされたり、おうち保育園のような例もあります。

 認可保育所も増やしつつ、認可保育所が間に合わないところは保育料の補助や、代替的な保育施設で補っていくそういう方針で中野区は進んでいます。

 ただ、親御さんから多い「認可保育所」の開設について、親御さんのニーズと区の方針が合致してもスムーズに事が進まない場合もあります。
 Not in my Backyard (NIMBY)という 政治学の用語があります。
「近隣の迷惑になるような施設は自治体の中に必要ではあるけれど、自分の家の庭先には作ってくれるな」という意味です。

 区内のとある地域で、区が予定していた認可保育所の設置について「認可保育所設置反対!」の声が上がってしまったことがありました。私の家にも「設置反対!議員の力で保育所の建設を辞めさせてくれ」というような内容の電話が何度もかかってきましたし、反対をされている方々のご自宅に呼ばれ、区内の近隣の保育園の待機児童の状況や、保育園によって空地(元々は公園の拡張予定用地だったところ)が減ることについての区が考えている代替措置を説明したこともありました。

 担当者も田中区長から「しっかりと地元の理解を得られるような説明をするように」と発破をかけられていたようですし、おそらく私だけでなく、多くの議員が地元の理解を得るべく動き回った結果でしょう。なんとか、この地域に認可保育所がつくられることとなりました。
 NIMBYの壁にぶつかりつつ、こうした中でも、とにかく保育施策が進む様自分も微力ながらできることはしていきたいと思っています。
[PR]
by wishizaka | 2014-05-28 14:13 | 国政や自治体全般の動きなど | Trackback

中野区の基金(貯金)400億円超の使い道

 6.中野区の基金(貯金)を使うことで、福祉の拡充に充てたり、過去の区債(借金)を一気に返してしまうことができるのかどうか。

 先日の http://ishizaka.exblog.jp/22028544/ の書き込みで、基金と区債の話を書きました。

 まず、基金を使って福祉の拡充ができるのかという事です。
以下の写真の通り、一口に基金と言っても様々な基金が積み立てられています。
f0121982_195465.jpg

 ↑平成24年度決算での基金残高。(財政調整基金には年度間調整分が大半を占めますが、退職手当、施設改修分の積み立ても含まれています)

 そのため、全てを福祉目的で使うことはできない仕組みとなっています。また、仮にすべてを福祉目的で使えるとしても、持続可能性を考えずに使ってしまっては、いくらいい福祉の仕組みを作っても継続ができなくなってしまいます。

 また、同じ理由により基金をすべて区債の返済に充てられないという事があります。そして、仮にすべてを区債の返済に充てることができたとしても、区債の発行については発行が可能な場合が定められていて、単に「今年、これだけ予算が足りないから区債を発行しましょう」と無目的な穴埋めのためだけに区債を発行することは認められていません。

 もちろん、私としては持続可能な範囲での福祉の拡充を後押ししていきたいところではあります。しかし、「持続可能」ということを考えた場合、一般の家計で、普通預金、定期預金、生命保険、学資保険、クレジットカードでの買い物、住宅ローン、自動車ローンなどを組み合わせているように区の基金と区債も破たんをしたり、首が回らなくなることを避けつつバランスを考えた福祉のあり方や、お金を使うだけではない福祉のあり方を考えていくことが必要となります。
 
[PR]
by wishizaka | 2014-05-27 19:13 | 国政や自治体全般の動きなど | Trackback

障碍(がい)者の自立や権利擁護について。

  5.中野区の障碍児・者福祉やバリアフリー

(1) バリアフリー化について
 中野の街のバリアフリー、一歩一歩着実に進んでいます!進めていきます!

[1]新規施設・既存施設の区有施設等のバリアフリー化について
 学校を改築したすこやか福祉センターをはじめ新たな施設整備においては段差解消や誰でもトイレ(オストメイト対応)の設置をしています。また、既存の施設についても昨年南台3丁目の区営住宅にエレベーターの設置をするなど高齢者の利用も多い既存の施設のバリアフリー化も徐々に進めています。また、公共交通機関に関しては今年落合駅の中野区内側の出口にエレベーターが設置されたほか、中野駅につきましてもまだ先となりますが、西口改札設置の際にエレベーターの設置などのバリアフリー化が予定されており、駅周辺の街づくりでも徹底したバリアフリー化をしていくこととされています。

[2]学校のバリアフリー化について
 新設の学校ではバリアフリーが意識されて建設が行われたほか、既存の学校でも、障碍のあるお子さんが入学・進級する都度、そのお子さんに合わせた、対応を行っています。教室やトイレの段差解消、プールの出入りのアプローチの改善、トイレの個室の広さの改修や子どもの高さに合わせた手すりの設置等々を行っています。

[3]道路のバリアフリー化について
 中野区では区道の歩道の段差解消や点字ブロックの整備を進めています。
現在中野区で歩道のある区道の総延長は22,390mあります。
 区道の歩道の段差解消について見ると、前任の神山区長から現職の田中区長に代わった平成14年度の時の区道の歩道の交通バリアフリー整備率は11.3%でしたが、昨年度には42.0%に達しました。

(2)障碍者の収入増や、自立に向けた就労の支援について ~障碍者の生活の自立に向けて進んでいます~
 区が委託で中野区障害者福祉事業団に地域開拓促進コーディネーターを置き、企業訪問によって区内企業の障碍者雇用に関する理解の促進や雇用の場となる企業開拓を進めています。実績として、昨年度は238の事業所に対して実習や雇用の場の拡大の取り組みを行い、54名の障碍者の就職が実現しました。障碍者が就労支援施設で働いても工賃がなかなか上がらない、費用負担が増えるという中で、今後、障碍者の雇用について民間企業の開拓も併せて行っていくことがますます求められています。なお、企業就労に繋がらない障碍者の支援も中野区障害者福祉事業団と区が連携をしてしっかりと進めていくことが求められています。

(3)中野区の障碍者サービス給付について ~サービス給付は進んでいます~
 中野区では相談支援、コミュニケーション、日常生活用具給付事業は無料です。移動支援事業は月15時間まで、地域活動支援センターは月8回まで、日中一時支援事業は月3回まで無料です。これを超える利用は所得に応じて負担がありますが、多くのケースではほとんど負担なしで利用可能です。この考えは、中野区が全国に先駆けて打ち出しました。
 またコミュニケーション事業では、手話だけでなく要約筆記派遣事業を新たに盛り込みましたし、移動支援事業の拡充も行っています。移動支援は、就労開始時の通勤定着までの支援や保護者の送迎ができない場合の通所・通学にも支給を拡大し、障碍者の就労支援や社会参加を促進する機会を保障しています。

(4)目に見えにくい障碍者の対応
 東京都のトスカでの発達障碍の相談はニーズが多く、なかなか予約の電話がつながらないと言われています。また、高次脳機能障碍については身体面の障碍がない或いは軽いと、十分な支援を受けづらい状況にありました。中野区では今年度から「つむぎ」への委託事業として、発達障碍や高次脳機能障碍の専門相談が今年度スタートすることになりました。

(5)医療的ケアが必要な重度の障碍児の対応
 現在東京都立の特別支援学校で、痰の吸引の必要なお子さんがなかなかスクールバスに乗れない(=通学できないor親が自家用車や福祉タクシー等で送迎)というが問題になっています。中野区では今年度の後期から、放課後の学校~放課後デイ施設~自宅の移動について送迎バスに看護師を乗せ、痰の吸引が必要なお子さんが施設に通園するためのバスに乗れる体制を整えます。区でできることです。朝の投稿などについて東京都の通学バスでも工夫をしてもらいたいところです。(区長も必要性を感じ、区から都へのスクールバス乗車についての働きかけをしてくれています)
[PR]
by wishizaka | 2014-05-27 18:42 | 国政や自治体全般の動きなど | Trackback